ハイドロキノンの効果とその副作用

ハイドロキノンとは?

考える女性

メラニン色素が生成されることこそがシミの原因であると言われております。このハイドロキノンは、そのシミの原因となるメラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニン色素そのものを作りだすメラノサイトという細胞を減少させる効果のある成分です。

 

現在ではシミの改善や予防などを目的とし、美白効果のある化粧品など沢山販売されております。また、それら化粧品に含まれている成分で代表的なのが「ビタミンC」や「プラセンタ」となり、そのビタミンCやプラセンタに比べハイドロキノンの美白成分はナント10倍から100倍もの効果があるとされています。

 

さらにハイドロキノンはシミを予防する効果はもちろんのこと、ビタミンCやプラセンタでは効果のない皮膚に沈着してしまったメラニン色素にも働きかけ、減少させるといった効果が期待できるということから美容業界でも今注目されている成分なのです。

 

とはいえ、現在の日本においてはハイドロキノン自体あまり知られておらず、馴染みがないので「ハイドロキノンという言葉を初めて聞いた。」
という方も大勢いらっしゃるかと思いますが、海外(アメリカなど)ではもう随分前からシミなどの治療薬としてハイドロキノンが使用されています。

 

ただハイドロキノンは強い薬ですから、当然それだけ副作用などの危険性も考えられます。ですので、もしハイドロキノンを使用する際は、十分に注意する必要があるということを覚えておいてください。

 

 

ハイドロキノンの歴史を見てみましょう

ハイドロキノンはもともと写真を現像する際などに使用されたり、また酸化防止剤などとしても使われていたなどハイドロキノンの歴史は古いのです。
もとはそのような目的で使用されていたハイドロキノンですが、ある時写真を現像していた職人の肌が白く変化したことからハイドロキノンは美白効果があるのでは?と研究が進み、現在アメリカなど海外では主流の美白成分だとされています。

 

また、近年では日本においてもハイドロキノンの美白効果が話題となり始め、多くの日本女性も使用していります。
実はこのハイドロキノン、日本においては医師の許可なしでは使用が許されておらず、化粧品の成分として配合することは禁止されていたのですが、薬事法規制が緩和されたことで、2001年に化粧品としての使用が認められたのです。

 

日本での使用が許可されてからおよそ15年以上は経ちますが、ハイドロキノンを使用した化粧品としての歴史はまだまだ浅いです。

 

 

ハイドロキノンの濃度について詳しく知ろう!

ハイドロキノンは美白効果やシミなどの治療薬として高い効果を発揮する成分で、現在ではドラックストアなど手軽に手に入ることが可能です。そのため、ハイドロキノンを使用する際注意しなければならないことがあり、注意しなくてはならないことというのは「濃度」です。

 

現在ハイドロキノンの濃度は1から5%ほどで販売されており、濃度のパーセンテージが高いほど効果があるというわけではございません。もし肌が弱い人の場合は1から4%の低い濃度でも肌に刺激を感じ場合もありますので注意が必要ですし、その上の5%になってくるとさらに濃度が高くなりますのでピリピリした刺激が感じれ、赤みやかぶれなどの症状が出る場合があります。

 

万が一そのような症状が現れた場合は使用を止め、症状が緩和されない場合は速やかに皮膚科など医師の診断を受けるようにしてください。

 

ちなみに、現在日本では厚生労働省が許可しているハイドロキノンの濃度は2%までとされており、それ以上濃度の高いものとなると病院での処方が必要です。
また、5%という高い濃度のものになると発がん性が指摘されるなど副作用の危険度も高くなると言われていますので、高い濃度でも4%までにした方が良いです

 

 

ハイドロキノンの副作用と注意点を知ろう!

ハイドロキノンはとても美白効果がある成分だとされている一方で、肌への刺激や負担が大きいとも言われております。
そのため、使用する際はハイドロキノンの注意点や副作用などをしっかり知り適切に扱わなければなりません。

 

副作用@

ハイドロキノンはとても強い成分ですので、敏感肌の人などでは稀に赤みがでたり、炎症してしまったりする場合があります。
そのような異常がみられる場合はすぐに使用を中止するようにし、皮膚科など専門医に相談しにいきましょう。
また、使用する際はパッチテストを行い、異常ないかを確認したうえで使用するようにすると良いでしょう。

 

副作用A

ハイドロキノンはメラニンサイトの働きを抑制する働きがあり、高い濃度のハイドロキノンや長期間使用を続いている場合、塗っていた部分の色素が抜け、必要異常に白くなる「白班」になる可能性がありますので、高い濃度のハイドロキノンを長期間使用することはなるべく避けるようにしてください。
ただ、4%以下の濃度であれば長期間(約1年)使用し続けていても問題ないと言われており、実際白班になったというトラブルも報告されていません。

 

 

注意点@「紫外線対策」

ハイドロキノンを使用している時は、「日差しの強い日に日焼け止めなしで日光浴を楽しんでいる」ような状態です。
どういうことかというと、ハイドロキノンは紫外線の影響を受けやすくなりシミを濃くしてしまう可能性が非常に高くなります
ですので、ハイドロキノンを使用した際は日焼け止めクリームを塗るなどして紫外線対策をしっかりするようにしてください。

 

注意点A「酸化に注意」

ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分となり、ある一定の期間を過ぎると茶色く変色してしまい本来の効果が得られなくなってしまいます。
ですので、開封後はしっかりとフタを閉め1ヶ月から2ヶ月ほどを目安に使い切るようにしてください。
また、古くなったハイドロキノンは逆に刺激を与える可能性が考えられますので、古くなってしまったものは使用を避けるようにしてください。

 

注意点B「濃度」

先程も記述しましたが、販売されているハイドロキノンにはそれぞれ濃度が異なり、約1から5%までがあります。
濃度が高くなるにつれて肌への負担も大きく、何らかの肌へのトラブルへと繋がる可能性が高くなります。
肌の質だったり強い弱いなど、人それぞれなのですが、基本的に4%以下であればそれほど大きな負担とはならないはずです。

 

 

最後に、適切な方法で使用することが大切

高い美白効果が期待できるハイドロキノンですが、「肌の漂白剤」とも呼ばれているほど強い薬であり副作用も十分考えられます。そのため、容量用法を守らなかったり間違った使い方をしてしまうと肌トラブルに繋がり、症状が悪化してしまう場合もあります。

 

そのようなことが無いように、ハイドロキノンを使用する際は正しい方法で適切な使い方をするようにしてください。

 

 

page top