ハイドロキノンの美白効果はいかほどか?

ハイドロキノンの美白効果はいかほどか?

女医案内

 

肌にできたシミを治す、美白成分として知られているハイドロキノンですが、ハイドロキノンが持つ美白効果とはいったいどのようなものなのだろうか?
ハイドロキノンがシミ改善薬として効果的だと言われている理由を今回は詳しく説明していきます。

 

 

ハイドロキノンはシミ改善などの美白に効果的!

ハイドロキノンという成分は「いちご類」や「麦芽」また「コーヒー・紅茶」などに含まれている古くからある天然成分です。
このハイドロキノンには還元作用(酸化を抑える力)があることからひと昔は写真の現像などによく使用されており、写真を現像する職人の肌の色が白くなったことにより「ハイドロキノンには美白効果がある」ということに気がついたのです。

 

その後、ハイドロキノンは美容成分としてアメリカなどでは代表的な成分であると広く認識されており手軽に手に入れることも出来るのですが、ハイドロキノンは強い成分であるため、管理することがむずかしいく、ここ日本においては2001年の薬事法規制緩和まで医師の処方のみ使用が許されていました。
現在では日本でもドラッグストアなどで購入することは可能ですが、ハイドロキノンは強い成分であることに変わりはありません。

 

さて、そんなハイドロキノンの効果は?というところですが、まずシミができる大きな要因というのはメラニンサイトの働きによるメラニン色素の生成によるものです。そんなシミの原因となるメラニンサイトの働きかけハイドロキノンは減少させ、メラニン色素の生成を抑制するという効果が期待できるのです。
そういった効果をもたらすことにより、すでにできているシミ消しにはもちろん、まさにこれからできようとしているシミの予防効果にも期待が持てるのです。

 

また、メラニンは紫外線など強い刺激を受けることにより酸化し、黒くなるといった性質をもっていますが、ハイドロキノンがもつ還元作用が酸化に働きかけ、メラニンの色を薄くしてくれるという効果もあるのです。

 

 

ハイドロキノンが効果的なシミのタイプとは

ハイドロキノンはシミの治療薬や美白成分としてとても効果的な成分ではありますが、その一方であまり効果の得られないシミも存在するのです。
では続いて、ハイドロキノンを使用することによりシミ治療に効果が期待できるシミはどのタイプのシミなのかを紹介します。

 

効果のあるシミ@「炎症後色素沈着」

炎症後色素沈着とは、皮膚が炎症してしまい、その後炎症が治まった時に発症するシミのことで、発症する場所は皮膚であればどこでも発症する可能性のあるシミです。

 

効果のあるシミA「肝斑」

肝斑が発症する原因としてその多くが女性ホルモンの乱れが原因だとされており、30代から40代の女性に多く発症するシミのことで、頬骨や目尻の下あたりにボンヤリ左右対称にできるという特徴があります。

 

効果のあるシミB「日光黒子・老人性色素斑」

日光黒子・老人性色素斑とはいわゆる紫外線を浴び過ぎたことが原因でできるシミのことで、こちらのシミがもっとも一般的で多くの人が発症していると言われ、日本人の約70%がこのシミで悩んでいると言われております。

 

ハイドロキノンを使用してのシミ治療は、このようなシミタイプに効果があるとされており、いずれも皮膚の表面に発症したシミのみ効果があります。
シミが肌の表面上ではなく奥深くにまで達しているシミの場合、効果は期待できません。

 

以上のように、シミの治療薬として代表的なハイドロキノンですが、全てのシミに効果を発揮するということではございませんので、発症したシミがどのタイプのシミなのかを正確に把握するためにも、まずは皮膚科で診断してもらうことをおすすめします。

 

 

 

page top