ハイドロキノンとトレチノインの効果と注意点を知ろう!

ハイドロキノンとトレチノインの効果と注意点を知ろう!

ポイントを示す人

顔や肌などにできたシミというのはとても気になるもので、「そのシミ今すぐ消したい」と思っている人が殆どでしょう。

 

シミを治す治療法としてレーザ治療のような機械を使用する方法もありますが、やはりちょっと不安だという人もなかには多いかと思います。そういう時は、塗り薬など外用薬で治すという方法がおすすめです。

 

そんなシミ改善薬として用いられる代表的な成分はというと「ハイドロキノン」と「トレチノイン」で、この2種類の成分を併用することで、より肌への浸透力を高め、シミを治す方法としてとても効果的なので、併用しても特に肌への影響はないという方にはベストの使い方と言えるでしょう。

 

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」

ハイドロキノンは「肌の漂白剤である」と聞くと多くの人がビックリしてしまうかもしれませんが、そのように呼ばれているのは確かです。
なぜそう呼ばれているのかと言うと、ハイドロキノンはとても強力な美白薬で、使い過ぎると肌の色素が抜けて白くる恐れがあるほど強い薬だからです。
ちなみに一般的な「アルブチン」や「コウジ酸」などと比べると、ナントその100倍ほどもの美白効果があると言われております。

 

また、シミやそばかすの主な原因はメラニンであると言われており、メラニンはメラノサイトという細胞が生成されることによって作られます。
ハイドロキノンは、そのメラニンサイトが生成されてしまうのを抑制する働きがあり、それと同時に沈着したメラニンの数も減らす効果もあります。

 

なお、日本ではあまり知られていないハイドロキノンですが、アメリカなど欧米では美白成分として一般的に使用されています。
ただ「肌の漂白剤」と言われているだけありかなり強い薬になりますので、一般のドラッグストアなどでも手に入れることはできますが、濃度の高いものになりますと医師の管理下のもとで扱われることが殆どです。

 

 

ハイドロキノンはすでにあるシミにも効果を発揮

女性ホルモンの乱れが原因で発症する肝斑や、炎症が原因で発症する炎症性色素沈着。
さらには加齢とともに出てきてしまう老人性色素斑やそばかすなど、ハイドロキノンは様々なシミにも効果があるとされていますので、すでにできてしまっているシミの改善としても使用することができます。

 

 

ハイドロキノンの使用方法は守りましょう

肌の弱い人やアレルギー反応を起しやすい人は使用前に必ず皮膚科の医師に相談をしてから使用するようにしてください。そうでない人も、間違った使い方をすると、皮膚の一部の色素が抜け白くなってしまう「白班」になる恐れがありますので十分気をつけてください。
また、ハイドロキノンはメラニンの働きを抑制するため、紫外線を浴びるとシミが濃くなる場合があります。特に日中外出する際は必ず紫外線対策をおこない、なるべく紫外線を受けないように気をつけてください。

 

 

トレチノインの効果と注意点

トレチノイン、正式名称トレチノイン酸、オールトランスレチノイン酸は、ビタミンの一種であるビタミンA誘導体です。

 

このビタミンAはわたくしたち人間の血液にも微量含まれている成分ですので、アレルギーの症状が現れないというのが特徴的です。
また、トレチノインは肌の表面上の皮の細胞を活発に働かせる効果もありますので、沈着したメラニン色素を排出させるという効果もあるのです。

 

 

トレチノインの効果「沈着したメラニンを排出させる働き」

このトレチノインは、なんとビタミンAに比べておよそ100〜300倍もの活性力があるとされており、強力なパワーで新陳代謝を促進し肌の内側に沈着しているメラニン色素を体外へ排出させる働きがあります。

 

また、トレチノインを長期間使用することでお肌の皮が厚くなり、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成なども促進します。
よって、お肌にハリが出てきたり年齢を重ねるごとに増える小ジワなどの改善にも役立ちます。

 

 

トレチノインの注意点

トレチノインは「妊娠中・授乳中・妊娠予定」に該当する人は絶対に使用を避けてください。
ビタミンA誘導体はカラダの細胞を分裂させる働きのあるビタミンですので、妊娠中や授乳中、また妊娠の予定があるなどの場合、胎児に影響が出る可能性がありますので危険です。それらに該当する人は絶対に使用しないでください。

 

 

 

page top