知っておこう!ハイドロキノンクリームの使い方と注意点

知っておこう!ハイドロキノンクリームの使い方と注意点

閃いた人

肌にできてしまったシミ!女性の場合は特に気になりますよね。
そんなシミ治療薬として多く使用されているのが「ハイドロキノンクリーム」です。
ただ、ハイドロキノンというのは比較的強い薬となるためしっかりと使用方法や注意点を知っておく必要があります。

 

ということで今回は、「ハイドロキノンクリーム」とはどういうものなのかを詳しく説明していきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

ハイドロキノンクリームとはどういうものなのか?

ハイドロキノンクリームというのはハイドロキノン成分を配合し、それをクリーム状にした塗り薬のことです。
このハイドロキノン成分というのは、冒頭でも記述したとおりシミの改善や美白効果が期待できる成分で、シミの原因となるメラニンを生成するメラニンサイトの働きを抑制する効果があり、その効果によってシミの改善につながっているのです。

 

このハイドロキノンはアメリカではとても有名なシミ改善薬で、早くから美白コスメとして販売されておりアメリカでは美白と言えばハイドロキノンで有名です。
しかしながら日本では2001年に薬事法の規制緩和になるまでは医師の管理下のみで使用が許されていただけで、現在のように手軽に手に入れることができなかったのです。すなわち、それだけハイドロキノンというのは強い作用のある成分ということなのです。

 

また、このハイドロキノンクリームは様々種類があり、販売するメーカーや製品によってクリームに含まれるハイドロキノンの濃度が異なり、一般的なドラッグストアーで販売されているものは濃度1%〜4%ほどのものが殆どです。

 

そんなハイドロキノンクリームは今あるシミやこれからできるシミ、さらにはニキビ跡の改善やシワの改善薬として使用されているのです。
このようにハイドロキノンクリームは様々な美白作用のある嬉しい薬ですが、やはり強い成分ですので使用方法を間違えてしまうとリスクも考えられます。
次にハイドロキノンクリームの正しい使い方について説明していきますのでしっかりと確認しておくようにしてください。

 

 

ハイドロキノンクリームの使い方はしっかりと覚えよう!

冒頭などでも記述したように、ハイドロキノンという成分は「肌の漂白剤」と言われているほど強い成分です。
そのため、容量用法を守らなかったり間違えた使い方をしてしまうと肌に大きな負担をかけることになりトラブルが起こりやすくなります。
そのような肌トラブルにならないためにも、これからご紹介するハイドロキノンクリームの正しい使い方をしっかり確認しておいてください。

 

正しい使い方@「パッチテストの実施」

パッチテストはハイドロキノンクリームに限らず、特にコスメ系の商品を使用する際はなるべく実施した方が良いです。
特にハイドロキノンクリームはとても強い成分ですから、人により肌に合う、合わないがありますので、必ずパッチテストを実施してください。
やり方は、まずバンソウコウにハイドロキノンクリームを塗り、そのバンソウコウを二の腕などの薄い皮膚のところに貼ります。
その後1日ほど放置し、もし赤みやかぶれ、炎症や痒みなど肌に異常がなければ問題なく使用できるということです。

 

正しい使い方A「塗布する際は清潔な肌へ」

ハイドロキノンクリームを塗る時はしっかりと洗顔をし、清潔な状態にしてから塗るようにしてください。
この時、洗顔直後というのは角質層に多量の水分が含まれており、その状態でハイドロキノンクリームを塗ると浸透性が通常より高まり、効果が出過ぎてしまう場合があります。洗顔後は20分から30分ぐらい置いてからハイドロキノンクリームを塗布するようにしてください。
また、化粧水や乳液などの肌ケアをおこなってから塗布するのも良いでしょう。

 

正しい使い方B「綿棒を使うのがベスト」

ハイドロキノンクリームを塗布する際は患部以外の場所にはつけないようにしましょう。
患部ではない正常な部分にハイドロキノンクリームが付着してしまうと、白班など思わぬ肌トラブルに繋がる恐れがあります。
患部にだけハイドロキノンクリームが塗りこめるよう、綿棒を使用して塗るのがとても簡単で塗りやすいです。

 

 

ハイドロキノンクリームを使用する際の注意点

続いてハイドロキノンクリームを使用する際、いつくかの注意点を紹介していきますのでしっかりと確認するようにしてください。

 

注意点@「紫外線を浴びないようにする」

ハイドロキノンは美白作用があるのと同時にメラニンの働きを抑制する働きがありますので肌の抵抗力が著しく低下します。
そうなると紫外線の影響をダイレクトに受けることになりシミを濃くしてしまう恐れがありますので紫外線の強い季節などは特に注意し、必ず紫外線対策をおこなうようにしてください。ハイドロキノンクリームを塗るタイミングとしては夜間就寝時がよいでしょう。

 

注意点A「使用期限」

ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分であると言われております。
そのため開封後はしっかりとフタを閉め、なるべく早く使いきるようにしましょう。(目安としては開封後1ヶ月から2ヶ月程度です)
ハイドロキノンが酸化すると茶色く変色し、酸化したものを使用しても効果が得られないばかりか肌トラブルの原因にも繋がる可能性もありますので、使用期限は必ず守るようにしてください。

 

注意点B「長期間の使用は避けましょう」

ハイドロキノンは刺激の強い薬品ですので長期間使用し続けると皮膚に大きなダメージを与えます。
ですので、2ヶ月または3ヶ月ほどで一旦中断し、その後1ヶ月ほど間隔をあけるようにしてください。
同じ箇所に長期間塗り続けると白班が発症してしまう可能性がございますので、3ヶ月以上長期間使用し続けるのは避けてください。

 

 

以上のように、ハイドロキノンには様々な注意事項が定められており、正しく使用しないと症状を悪化させてしまうことにも繋がります。
使用上の注意をしっかり守って使用することが効果的に症状を治す結果へと繋がりますので、必ず守るようにしてください。

 

 

 

page top